イメージ

vol.50Solution Report

内田 幸雄株式会社セブンマーケット

御社のビジネスを誰もが知るステージへ

福岡のビジネスシーンを牽引するキーパーソンへのインタビューをはじめ、ビジネスのヒントとなるさまざまな情報を発信している「ビズリード」は、今回で50回目の発行となった。発行・配布を重ねるたびに発行人・内田幸雄は、「企業から企業へとビジネス提案を伝えるためにインターネット以外の、これまでになかった新しい場の必要性」を日々実感しているという。果たして内田はどのような思いで「ビズリード福岡」に取り組んでいるのだろうか

ビジネスチャネル「BIZREAD」とは?

「ビズリード」のサービスをはじめたきっかけを教えてください。

現在も継続していますが、弊社はチェーンストア店頭のメディアラック事業からスタートし、全国のチェーン本部と交渉して、通販カタログを設置するチャネル開発の仕事をしていました。その全国展開がひと息ついた頃、福岡の地域経済誌に自社の取り組みを掲載させていただきました。その記事を見てくださった多くの企業様から「企業に自社商品を拡げる提案をして欲しい」というご相談が寄せられました。それまでは中央の通販会社様や全国のチェーンストアの方々との商談ばかりでした。ですので、地域の法人営業の営業環境の変化についてまったく気づいておらず、「社長、ところで天神や博多の企業を全部ちゃんと回りましたか?」という失礼な質問をしてしまいました。すると、口々に「そんな昔のやり方では営業社員がどんどん辞めてしまう」「必要なものは、企業もネットで調べて発注する時代だよ」と言われました。そこではじめて、商談にこぎつけるまでの障壁が高く、ローラー作戦やテレアポをこなすことすら難しい時代になっていることがわかったんです。訪問も困難、テレアポも困難。柳の下の泥鰌を待ってお客さんがネットで探して電話してくれるのを待っているわけにいかない。でも、始めたからには、まずは福岡で成功しないと道は開けない。そこで、「天神博多のオフィスを押さえる企業の最大公約数のビジネスチャネルを創って提供しよう」ということに思いつきました。これが「ビズリード」着手のきっかけです。

BtoBの営業の難しさはどんなところにありますか?

BtoCの場合は、お金をかければ多くの人々に情報を届けてくれる広告媒体があります。そして、優秀なクリエイターを登用してうまく情報を伝えれば売上を上げることができます。広告に成功したら、翌日から千客万来です。良いお店ならリピーターになってお店を支えてくれるでしょう。ですが、BtoBの場合はそうはいきません。企業に届ける媒体すらありません。また、BtoBの商品は、BtoCの商品に比べるとわかりにくいものが多い。なぜなら、販促が必要なのは、はじめて世の中に出る商品や、企業の課題を解決する新しい提案などです。相手がその問題に気付いていなかったり、目を背けていたりで、新しく世に出た商品や解決策は、存在が知られていません。ですので、ネット検索もされません。商品は出来た。しかしどうやって拡げるか。それが新たな課題として企業に立ち塞がります。
商品ができたら企業がまず作るものがあります。それはA4の縦型のチラシと、見開きA3サイズの説明用のリーフレットです。A4の縦型のチラシは商談の機会をつくるために、見開きA3サイズのリーフレットは商品を理解してもらうためにつくられます。本当はたくさんの人に見てもらうためのものです。
中国語で「雑貨」という言葉は、「完成されたもの」という意味を持つそうです。はさみや包丁は人間の手の大きさや力に合わせて作られており、古代からサイズは変わりません。人間の手の大きさや携帯性、理解できる認知能力を考えたら、今後も変わらずA4のチラシが商談の機会をつくり、A3見開きで理解してもらう行為は長く続くと思います。ですのでその運用を図る効率の良い情報経路を創りたいと思っています。

A4チラシの場合

A4縦型はチラシの表面の上半分だけで、どのような商品か、読者にどのように役立つのかがわかるサービス紹介に適しています。既にニーズがあり、数多くの人に伝えたい場合に最適です。

イメージ

A3見開きの場合

A3横型見開きは、俯瞰で見ることができるため、多くのポイントが一度に目に入ります。その商品が役立つ構造や因果関係の理解も深まります。掲載記事では、企業の事業姿勢と選ばれる理由が自然に伝わります。

イメージ

「ビズリード」を通じて、内田社長が叶えたいビジョンを教えてください。

僕が創りたいのは、フリーペーパーではなく、企業が企業に提案を伝えるビジネスチャネルです。ダイレクトなセールスが厳しくなっている現在、検索されることが難しい新しいBtoBサービスには、絶対必要な基盤だと考えています。
また、ここ数年、新たに起業する方が増えています。こうした方々が自身の解決案やその解決案に人生を賭けた志を広く伝える場・媒体は、現在ありません。ですので、「ビズリード福岡」を使ってその解決案を広く企業に伝えていただければと思います。
また、僕自身が創業当時、何ひとつ信用もない自分が考えたサービスを拡げるために死に物狂いでした。ですので、「ビズリード福岡」では創業間もない方でも取り組みやすい金額設定で、その方の解決策を誰もが知る新しいステージを提供してあげたい。これは僕にとっては、ビジネスというよりもライフワークになりました。

イメージ
2018年BIZREAD FUKUOKA
発行号発行時期によって発行企画は都度改定される。

「ビズリード福岡」の活用を考えている方へメッセージをいただけますか。

自社でDMを出そうとしても、ここ最近は運送費が上がってしまい、気軽に出すことが難しくなりました。「ビズリード福岡」にチラシを同梱する「ビズリードエキスプレス」をご利用いただければ、お手頃な価格でチラシ配布ができるだけでなく、「福岡または九州・山口の社長」「福博都市部の企業」など、ご自身のサービスを必要とされている企業・人に着実に届くプランを選ぶことができます。今後は「医療機関1000社」「総務部長1000人」など、今まで以上にジャストミートするチャネルを増やしていきたいと思っています。
まずは、福岡の企業同士としてお気軽にご相談いただければと思います。御社の状況やご希望を詳しくお伺いして、「チラシ配布を気長にやるほうがいいのか」、「弊社が取材をして第三者として伝えた方が伝わるのか」など、御社に最適なプランを考え、提案させていただいております。
「ビズリード福岡」への掲載記事は、A3見開きのパンフレットへ抜き刷りするサービスも行なっています。営業する際のアイテムとして活用している企業も多くいらっしゃいます。また、チラシがないという企業には、弊社でチラシ作成を承ることもできます。誌面製作にも携わっているプロのライターやカメラマンとともに、御社のサービスをわかりやすく、魅力的に伝えるチラシを作成できます。
まずはお気軽にご相談いただければと思います。

イメージ

内田幸雄 うちだ ゆきお

株式会社セブンマーケット
BIZREAD FUKUOKA 発行人
1963年北九州市出身。
地元大学卒業後現在の株式会社USENに17年奉職後、2003年株式会社セブンマーケットを設立・代表取締役。
ビジネスチャネルクリエイター。