「社員一人当たり損益計算書」で会社は儲かる!!

2018/07/09 UP

INFORMATION

  • 講師未来会計コンサルタント 本川吉弘氏
  • 開催日時2018年09月06日14:00~16:30
  • 参加〆切-
  • 会場 エイムアテイン博多駅前会議室 6A 福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-24 八百治ビル6F
  • 参加費用5,000円
  • 定員10名

-御社の社員は業績に関心を持っていますか?-
決算書を経営に活かしていますか?社員が会社の業績に関心を持つためには、難しい決算書を分かりやすく作り替える必要があります。決算書の大きな数字のままでは、自分1人が頑張っても仕方ないと思ってしまいます。社員1人当たりの年収に作り変えることで、自分がいくら稼がなければならないかが分かるようになります。また全社員が数字の意味を理解できるように、「儲けの構造」をわかりやすく伝えなければなりません。数字目標を「できればいい」から「しなければならない」に変えるために、「社員1人当たり損益計算書」を活かして儲かる仕組みを作って下さい。

「社員1人当たり損益計算書」導入のメリット
①全社員が業績に関心を持つようになる。
②どうすれば利益が増えるのかがわかるようになる。
③社長と社員のコミュニケーションがよくなる。
④目標達成にこだわるようになる。

【セミナーの内容】
・会社業績に関心を持たせる仕組み
・経営者と社員の危機感のギャップの原因
・人件費は増やし、___率を下げる
・給料を増やせば社員は頑張る?
・人件費計数を知る
・給料を増やすための利益はいくら?
・利益計画の作り方
・5つの数字で儲けの仕組みがわかる
・全員が儲けの構造を理解するためには?
・社員1人当たり損益計算書の作り方
・適正人員の決め方
・損益分岐点売上高は4つもある
・5%値引きをしたら利益はどうなる?
・利益を増やすためにどこに手を打つべきか?
・利益貢献分析とは
・月次決算の活かし方
・会社の価値を高めるための指標



(ホームページはこちら→http://kin-zai.com/

お問い合わせ・お申込み窓口

ENTRY

  • TEL:0940-62-6000 【担当:新(しん)】
  • 主催者:株式会社金融財務研究所