イメージ

vol.51FOCUS

松原 博久株式会社識学 福岡支店長

4年で1000社が、会社の生産性向上を実感!

今年2月、創業わずか4年で、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を果たした組織コンサルティング企業「識学」。組織の生産性を高める独自のマネジメント術が話題を呼び、すでに1000を超える企業が識学を導入。福岡、九州でも、受講したいという声が広がっている。大手企業経営者が唸った「識学」のすごさとは。福岡支店長で識学講師の松原博久さんにお話を伺った。

「識学」メソッドが、組織運営を変えた。

マザーズ上場、おめでとうございます。創業は2015年。わずか4年のスピード上場ですね。

たまたま4年で上場できたわけではなくて、弊社が識学通りにやったことによる、一つの成果です。会社自体が、一つのショールームですね。上場したことによって、上場企業様から依頼を受けることが多くなりましたね。

イメージ
ホームページ上で、識学講師に扮した要潤による、識学クエスチョン・スペシャル動画を配信中。
詳しくはこちらにアクセス!https://corp.shikigaku.jp/

「識学」は、人が事象を認識し、行動に至るまでの意識構造に着目した組織マネジメント理論とお聞きしています。そのどこに、短期間で成果が出る秘密が隠されているのでしょうか。

会社員は、組織が求めた仕事をすることで、きちんと評価されることを望んでいます。しかし現実は、求められていることが抽象的、上司によって指示が変わる、人によって意見が違う、評価基準が曖昧、など、自分の成果や評価が正しいかどうか、迷う場面に直面します。
これは、組織内での意識や思考のズレが原因となっていることがほとんどです。ショックな話かもしれませんが、経営者の行動が、社員の成長ややる気を阻害しているケースも少なくありません。
最近は、上司と部下の関係がゆるかったり、フラットな付き合い方を推奨したりする組織が少なくありませんが、識学では「ピラミッド構造」が前提です。その上で、個人の立場(識学では、位置という)を正す方法をお伝えしていきます。位置が正しくなると、一番変わるのはなんだと思いますか。それは、社員に迷いがなくなり、自律自走できるようになる点です。相談相手ややるべき仕事が明確になるので、迷いがなくなり、仕事の生産性が向上します。目的に、スピード感を持って進んでいくこともできます。同時に、無駄なストレスがなくなるので、職場の雰囲気も人間関係も大きく変わるんですよ。

迷いがなくなるだけで、集中して仕事に取り組めそうですね。位置ズレが是正できれば、会社はすぐに成長できるようになるでしょうか。

迷いがなくなることと、仕事ができる、できないは別です。そのため、識学では第1章で「位置」を正してもらい、第2章で結果や成果を出すためにどう管理をしていくかについてお伝えしています。実は、識学は第5章まであります。現在、世の中に広まっている多くのメソッドは、弊社でいう第2章:結果だけに目を向けたものがほとんど。その厚みというか前後があることが、識学に有効性がある理由かもしれません。
お申し込みいただいた後は、3~4ヶ月かけて内容をお伝えしていきます。基本的に、講義は講師と経営者のマンツーマンです。経営者の方にはそれを持ち帰って会社で実践いただき、過不足をご相談いただきながら、コンサルテーションしていきます。

松原さんのお話を伺い、正しく組織をマネジメントすることが、会社の雰囲気や業績に大きく影響することがわかりました。しかし、マネジメントをきちんと学んで経営者になる人は、少ないように感じます。

おっしゃるとおりです。組織を円滑に運営していくことは、会社の成長に欠かせないことなのですが、これまで組織作りや運営方法に正解はないという考え方が一般的でした。財務やビジネスモデルの考え方は学べるのに、マネジメントは個人の裁量頼みだったんです。しかし、会社が大きくなると、多くの経営者は『人』で悩みます。最近は離職率に悩む経営者も多いですね。
弊社に依頼される企業様は、ある程度の規模になって、人材における問題が表面化してきたから、そこを改革して強くしたいという会社が多いですね。指揮系統が交差する従業員数100人前後の企業でしょうか。また、今から組織を作るので、羅針盤にしたいという方もいます。クライアントは2名の組織から上場している1000人規模の企業までさまざまです。識学は、どの規模の組織にも通用するのも強みです。

識学は会社経営だけでなく、家庭や学校現場にも応用できそうですね。

そうなんです。まさに、教育関係者からの需要が出てきているところです。
識学の考え方が浸透していけば、会社の生産性は向上し、国際競争力を付けていくことも可能です。結果的に、働き方改革にも繋がっていくでしょう。将来的には、識学が日本の組織マネジメントのスタンダードになると嬉しいですね。

イメージ

松原 博久まつばら ひろひさ

1985年生まれ。
長崎県出身。
福岡支店の開設時より現職。株式会社識学で初代最優秀グループ賞を受賞するなど、多くの企業の組織課題解決に寄与。
(→識学のマネジメントセミナーのご案内はこちら)