野津浩嗣株式会社アニメートエンタープライズ

vol.46第6回野津浩嗣WEBセミナー

野津浩嗣氏株式会社アニメートエンタープライズ

部下のタイプは4つ!
タイプにあわせた指導はこれだ!

誌上セミナー第6回目、ついに最終回です。これまで、ケースごとに部下の指導方法をお伝えしてきました。最終回は、人の動機、欲求や行動の「4つのタイプ」を学びます。ぜひマネジメントのパターンを知り、部下への効果的な指導に活かしましょう。

 今回は弊社開発のMPA(management patternanalysis) を用いて人の動機、欲求や行動に関する分類を行ってみましょう。MPAとは「マネジメント特性診断」と訳され、ビジネスパーソンの仕事特性を大きく4つのタイプに分類し活用するものです。自身のマネジメントスタイルだけでなく、部下のタイプも診断でき、その指導に活かすことができます。
人は、十人十色、千差万別であることは事実ですが、MPAを活用することで4つのタイプをベースにアプローチすることができます。初めて指導的立場になった人でも指導や育成に取り組みやすくなります。また部下一人ひとりのタイプを把握することで、働きやすい職場づくりやプロジェクトの人員配置にも役立ちます。

イメージ

 ○を2点、△を1点、×を0点で次の計算をします。

Aは、問6と8の合計点
Bは、問1と4の合計点
Cは、問3と5の合計点
Dは、問2と7の合計点

とし、最も合計点の高いアルファベット(A〜D)があなたのマネジメントタイプです。4つのマネジメントタイプとは、

  • A:ディレクションタイプ
  • B:アレンジタイプ
  • C:ロジカルタイプ
  • D:バランスタイプ

です。以下の特徴があります。

ディレクションタイプ

スピーディーに成果をつくることを重視し、そのために最大限の力を発揮します。目標達成に向けて迅速に意思決定し、メンバーをテキパキと動かそうとします。行動が遅いメンバーにはイライラすることがあります。

【キーワード】
成果、結果、目標達成、早い、統率

【強み】

  • 自らの主導で結果や成果を創ることを重視する
  • 部下を動かすために強く指示・命令することがある
  • 決断が早く、自分で決める。意志が強い

【弱み】

  • 人間関係より成果を重視するため、冷たい人と思われることがある
  • せっかちで短気、メンバーの行動が遅いとイライラする
  • 部下への指示・命令が言葉足らずで意図が伝わっていないことがある

【ほめ方叱り方の傾向】

  • 自分への承認はあまりいらない。他人をほめない
  • 結果や正直さ、正義感が強いところをほめる
  • 遅いこと、はっきりしないことが嫌いで、激しく強い言葉で叱ることもある

アレンジタイプ

社交性を活かしてメンバーとのコミュニケーションを取りながら、仕事に巻き込み、やる気を起こさせます。企画や創意工夫が得意であり、メンバーに影響を与えながら仕事を進めていきます。しかし、目標達成に強い意識を持たないことがあります。

【キーワード】
創造、アイデア、楽しい、自由、承認

【強み】

  • メンバーに影響を与え、やる気を起こさせるのが得意
  • 企画力や創造力に富み、周りに働きかける
  • 社交的で部下とも友好関係をつくり、人を楽しませる

【弱み】

  • 分析や検討をせずに楽観的な結論や判断を出すことがある
  • 問題の本質については避けて通る傾向がある
  • 大雑把。細かなこと・もの・ルールにうとい

【ほめ方叱り方の傾向】

  • ほめられるのが好き。他人をよくほめる。承認で動機づけられる
  • 人物に焦点を当ててほめる
  • 感情的に叱る傾向がある

ロジカルタイプ

正確性を重視し、根拠のある確実なデータ、事実、方法に基づいて仕事を進めます。メンバーにもそれを要望し、完璧をめざそうとします。そのため自分にもメンバーにも厳しいことがあります。

【キーワード】
正確、情報、根拠、論理、精度

【強み】

  • 根拠のある確実な方法で、目標達成に向けて進める
  • 情報やデータを集めて分析し、リスクを最小限にしようとする
  • 正確さや質の高さを重視し、完璧を期す

【弱み】

  • 完璧主義のため、自分にもメンバーにも要求が厳しすぎることがある
  • 情報やデータを十分に揃えて分析を行い、判断に時間がかかる
  • ハイテンションな人を避けたがり、距離をおく

【ほめ方叱り方の傾向】

  • 人物ではなく、事柄をほめる
  • 冷静にほめる。特にこだわりや工夫したところを称賛する
  • 叱る時はねちっこく、くどい

バランスタイプ

メンバーの調和・協調を大切にし、チームワークで仕事を進めていきます。自分が意見を言うよりメンバーの意見を聞きます。意思決定には関係者やメンバーの感情を配慮するために決断に時間がかかることがあります。

【キーワード】
和、おだやか、気配り、安心、着実

【強み】

  • チームワークを重視し、協力・協調関係のもとに物事を進めていく
  • 部下の話をよく聞き、受け入れようとする(聞き上手)
  • 意思決定において、人間関係や関係者の気持ちを配慮する

【弱み】

  • 相手の話を聞きすぎて自分の意見を言わないことがある
  • 変化に順応するのに時間がかかる
  • 与えられた課題ができなかったときの不安や恐れが強い

【ほめ方叱り方の傾向】

  • 承認よりも感謝や労いの言葉
  • 頑張ったこと努力したところ(プロセス)にも焦点を当ててほめる
  • ほめながら叱る

管理職・リーダー自身のマネジメントスタイルを理解し、また部下のタイプにあった指導育成方法にMPAを活かしてください(MPA完全版は32問からなっています。詳しくは弊社までお尋ねください)。
これまで6回に渡りお読みいただきありがとうございました。

野津浩嗣株式会社アニメートエンタープライズ代表取締役

野津浩嗣株式会社アニメートエンタープライズ代表取締役

1958年生まれ、島根県出身。政府特殊法人日本道路公団を経て、1990年に研修業界に転職。心理学、行動科学、行動心理学を応用した「リーダーシップ論」を基礎として、企業、病院、自治体など全国の様々な業界分野で3600回以上の研修や講演を実施している。その「人づくり」にかける情熱が参加者の好評を得、約105,000人、600社以上の研修実績を持つ。特に人気が高い研修プログラムをまとめた「人がおもしろいように育つホメシカ理論」(梓書院)を出版。