Venture

中古車個人売買アプリ「オートレ」

2017/12/01 UP

イメージ

株式会社カーコンセントコスト(福岡市南区横手)は中古車の個人売買アプリ「オートレ」をリリース予定だ。

同社は中古車の流通の買取からオークション経由で小売店販売という従来の業態に加え、ユーザー同士をスマートフォンのアプリを通じて繋げる新しい流通形態を提唱する。

売却するユーザーは買取業者よりも高く売却が可能となり、購入するユーザーは販売店よりも安く購入することが可能になる新しいシステムだ。

代金決済や名義変更、引き渡し、整備などは同社が請け負うことで、取引に対する不安を払拭できる仕組みとなっており、個人売買なので、消費税がかからないというメリットもあるという。

中古車流通に携わって来た同社代表の矢野康二氏の、「こんな仕組みがあれば売り手、買い手の双方にメリットがあるのに」という想いをアプリ化した形だ。

九州を中心とした地域からベータ版をリリース、来年から全国に拡大し、将来的には海外への輸出入も展開したいという。九州発の「オートレ」で中古車流通の概念が払拭される日も遠くない。

イメージ

「今秋リリース予定中古車個人売買アプリ『オートレ』にご期待ください」
株式会社カーコンセントコスト
代表 矢野康二氏
0120-967-393
http://www.carconcentcost.co.jp/